セルフケアで包茎は治療できる?

ロゴ
トップページ
<効果を実感している人も多い>
包茎と言いますと、不潔や不衛生といったマイナスのイメージがあることから、治療をしたいと考えている人も多いようですね。 しかし、包茎と一口にいっても様々な包茎があります。 基本的に、手術を受けて治療しないといけないのは、重度の仮性包茎、真性包茎、カントン包茎の3つがあります。 軽度や中度の仮性包茎である場合、日常生活で何かしら問題が生じることも少なく、毎日の生活の中で陰茎や亀頭を清潔にすることさえ心がけておくだけで無理に包茎病院で治療を進める必要はありません。 特に軽度の仮性包茎ですと、わざわざ手術を受けて改善しなくても包茎治療のグッズなどを利用することで、治療が出来ることも少なくありません。 真性包茎や重度の仮性包茎のように必ず手術を受けないといった包茎もあり、これらの包茎を患っているのなら素直に医療機関にかかるようにして下さい。 陰茎のことですから、仮に見せる相手が医師だとしても相談するのが恥ずかしい、などの理由でなかなか包茎手術を受けることが出来ない人もいらっしゃいます。 しかし、そうした人でも治療器具なら比較的に安価ですし、購入もしやすいかもしれませんね。 包茎のセルフケアですが、一般的には包茎リングと呼ばれるリングを陰茎に装着して行う方法が代表的です。 むき癖をつけるといった目的で利用される治療器具なのですが、実際に包茎ではなくなったというような人もいらっしゃるようですね。 この包茎リングは医学的には認められていないものなのですが、効果を実感している人も多いことから無視することが出来ないでしょう。 どの治療器具にも共通していることなのですが、リングの効果を実感するまでは基本的に長時間かかってしまいます。 ですので、長期間使用することを前提に、自分にあった包茎治療器具を使っていくことが大切です。 ただし、セルフケアはあくまでもセルフケアですからそこまで大きな効果を期待するのは間違っていると言えます。 包茎治療に市販されている器具を使うのなら、効果が実感できるかどうかは一旦置いておいて、あまり期待しないで使うようにしておくと、精神衛生的にも楽になるでしょう。

<包茎治療の道具にはどんなものがある?>
包茎の治療と言いますと、包茎手術クリニックでの治療を思い浮かべる人が多いですよね。 しかし、包茎の治療は手術をするだけではなく、治療器具を使って自分で対処していくことも出来ます。 手術で簡単に治療されたい方はホームページに詳しく情報が載っています。ここでは包茎治療の治療器具には、どんなものがあるのか紹介していきましょう。 包茎治療を自分で行っていく時には治療器具、治療グッズを購入して利用していくことになります。 治療道具の中でも体表的な物としては、包皮を強制的にむけている状態にさせるリングがあります。 陰茎に装着して利用するもので、このリングを陰茎につけることによって包皮にむき癖をつけておいて、最終的には包茎を完治させるというものですね。 この包茎矯正リングですが、基本的には仮性包茎の人にしか効果を期待することは出来ません。 何故なら、上でも書いた通りに自分で包皮をむいて亀頭を露出させて、その状態をリングで維持するといったものだからです。 つまり、真性包茎や重度の仮性包茎で包皮をむくことが出来ないといった包茎では、利用することが出来ません。 真性包茎や重度の仮性包茎の方の場合は、先ずは包皮口をしっかりと広げていき、仮性包茎の状態に戻すことが必要です。 この時に使えるグッズとしては、ハサミのような器具があります。 当然ですが、形がハサミのような形をしていますが、先端は丸くなっていて肌を傷つけることがないように作られています。 どのようにして使うのかといいますと、閉じた状態で亀頭を覆っている包皮口に器具の選択を差し込んでいき、器具を広げることによって包皮口をこじ開けて、少しずつ仮性包茎に近づけていくものもあります。 こうした包茎器具を使って治療をするのも良いのですが、1つ気をつけておきたいことがあります。 それは、無理に包皮をむいてしまうおうとして、包皮や亀頭に傷をつけてしまうと言ったことです。 包皮や亀頭に怪我をしてしまうことによって、包皮と亀頭が癒着してしまうリスクを高めてしまいます。 包皮と亀頭が癒着してしまうと、包皮をむいて亀頭を露出させることが出来なくなるばかりか、傷口から雑菌が侵入すると亀頭炎といって亀頭や包皮に炎症を起こしてしまうことがあるので、くれぐれも使用上の注意は守って慎重に使うようにして下さい。



Copyright(c) セルフケアで包茎は治療できる?. All right reserved.