セルフケアで包茎は治療できる?

セルフケアで包茎は治療できる?

包茎と言いますと、不潔や不衛生といったマイナスのイメージがあることから、治療をしたいと考えている人も多いようですね。 しかし、包茎と一口にいっても様々な包茎があります。 基本的に、手術を受けて治療しないといけないのは、重度の仮性包茎、真性包茎、カントン包茎の3つがあります。 軽度や中度の仮性包茎である場合、日常生活で何かしら問題が生じることも少なく、毎日の生活の中で陰茎や亀頭を清潔にすることさえ心がけておくだけで無理に包茎病院で治療を進める必要はありません。 特に軽度の仮性包茎ですと、わざわざ手術を受けて改善しなくても包茎治療のグッズなどを利用することで、治療が出来ることも少なくありません。 真性包茎や重度の仮性包茎のように必ず手術を受けないといった包茎もあり、これらの包茎を患っているのなら素直に医療機関にかかるようにして下さい。 陰茎のことですから、仮に見せる相手が医師だとしても相談するのが恥ずかしい、などの理由でなかなか包茎手術を受けることが出来ない人もいらっしゃいます。 しかし、そうした人でも治療器具なら比較的に安価ですし、購入もしやすいかもしれませんね。 包茎のセルフケアですが、一般的には包茎リングと呼ばれるリングを陰茎に装着して行う方法が代表的です。 むき癖をつけるといった目的で利用される治療器具なのですが、実際に包茎ではなくなったというような人もいらっしゃるようですね。 この包茎リングは医学的には認められていないものなのですが、効果を実感している人も多いことから無視することが出来ないでしょう。 どの治療器具にも共通していることなのですが、リングの効果を実感するまでは基本的に長時間かかってしまいます。 ですので、長期間使用することを前提に、自分にあった包茎治療器具を使っていくことが大切です。 ただし、セルフケアはあくまでもセルフケアですからそこまで大きな効果を期待するのは間違っていると言えます。 包茎治療に市販されている器具を使うのなら、効果が実感できるかどうかは一旦置いておいて、あまり期待しないで使うようにしておくと、精神衛生的にも楽になるでしょう。 包茎手術ランキング.jp

包茎の治療と言いますと、包茎手術クリニックでの治療を思い浮かべる人が多いですよね。 しかし、包茎の治療は手術をするだけではなく、治療器具を使って自分で対処していくことも出来ます。 手術で簡単に治療されたい方はホームページに詳しく情報が載っています。ここでは包茎治療の治療器具には、どんなものがあるのか紹介していきましょう。 包茎治療を自分で行っていく時には治療器具、治療グッズを購入して利用していくことになります。 治療道具の中でも体表的な物としては、包皮を強制的にむけている状態にさせるリングがあります。 陰茎に装着して利用するもので、このリングを陰茎につけることによって包皮にむき癖をつけておいて、最終的には包茎を完治させるというものですね。 この包茎矯正リングですが、基本的には仮性包茎の人にしか効果を期待することは出来ません。 何故なら、上でも書いた通りに自分で包皮をむいて亀頭を露出させて、その状態をリングで維持するといったものだからです。 つまり、真性包茎や重度の仮性包茎で包皮をむくことが出来ないといった包茎では、利用することが出来ません。 真性包茎や重度の仮性包茎の方の場合は、先ずは包皮口をしっかりと広げていき、仮性包茎の状態に戻すことが必要です。 この時に使えるグッズとしては、ハサミのような器具があります。 当然ですが、形がハサミのような形をしていますが、先端は丸くなっていて肌を傷つけることがないように作られています。 どのようにして使うのかといいますと、閉じた状態で亀頭を覆っている包皮口に器具の選択を差し込んでいき、器具を広げることによって包皮口をこじ開けて、少しずつ仮性包茎に近づけていくものもあります。 こうした包茎器具を使って治療をするのも良いのですが、1つ気をつけておきたいことがあります。 それは、無理に包皮をむいてしまうおうとして、包皮や亀頭に傷をつけてしまうと言ったことです。 包皮や亀頭に怪我をしてしまうことによって、包皮と亀頭が癒着してしまうリスクを高めてしまいます。 包皮と亀頭が癒着してしまうと、包皮をむいて亀頭を露出させることが出来なくなるばかりか、傷口から雑菌が侵入すると亀頭炎といって亀頭や包皮に炎症を起こしてしまうことがあるので、くれぐれも使用上の注意は守って慎重に使うようにして下さい。

最近では若い人でもEDになるといわれています。日本では今40代から70代の半数以上の人が、EDにかかっていたり、EDに関する悩みを抱えているといわれています。そのEDの患者の数というのは、糖尿病にも匹敵するのではないかといわれているくらい増えています。現代の日本では男性も晩婚化がさけばれているので、子供がほしいと思っている30代や40代の男性の間でもEDが悩みの種になっているといわれています。若い人でもEDにかかる人は多くて、そのEDの原因というのは仕事のストレスによってEDになったり、トラウマなどによる心因性のEDが多いといわれています。若い人のEDの場合には、心因性のEDが多いのですが、その場合、ストレスやその悩みを取り除くことで、EDの症状は比較的早く治るといわれていますし、ED治療薬を用いることで治る確率が早いとも言われています。現代の日本ではこのように年齢に関係なくEDの症状というのは深刻な悩みになっていて、ストレスがたまっている若い人たちの間でもEDにかかる割合はとても多いと思います。若い人のEDの場合は相談したり病院へ行くのを恥ずかしいと思っている人も多いようですが、EDは早ければ早いほうが治療しやすいといわれているので早めの対処が大切です。

ED解消法について紹介したいと思います。勃起する力が弱くなってきたり、勃起が思うように出来なくなってきたらEDの可能性があるといわれていますが、EDを解消する方法はまずは勃起をすることだといわれています。EDにならない人というのは意外と勃起をする、つまり性交を日ごろから行っている人という話もあります。EDを解消するためには、体も健康でなければいけませんし、精神的にも健康でなければいけません。EDの解消にはまずは体が健康であることが一つです。何らかの病気に罹っているためにEDになっている人や、薬を飲んでいるためにEDになっている人は一日も早く回復してEDの症状を解消するといいですね。また、精神的なことでEDになっている人のEDの解消方は、EDになっている原因が自分でわかっている場合は例えば、それがストレスであったり、何か嫌なことである場合にはそのことを取り除くことでEDが解消されますから自分でEDを解消できるように精神的にも強く、ストレスを溜めにくいからだにしなければいけません。EDは薬を使って治療するだけでなく自分でもED解消法を見つけることができるとおもいます。ED解消法は人によって違うと思いますから自分のEDが何によっておきているのか知ることが大切です。

EDと漢方について紹介したいと思いますが、EDになっている人には色々な原因があると思います。EDの治療法もEDの原因によって色々ですがEDの治療には漢方を使った治療もあります。例えば精神的なストレスがたまってしまってEDになっている場合、体質によって漢方薬の柴胡加竜骨牡蛎湯と呼ばれる漢方がEDに効果があるといわれていて処方されることがあるといわれています。またEDの原因に血流障害がありますがそのEDの症状には桂枝茯苓丸という漢方薬がいいといわれています。EDの治療に漢方薬を使って治療する場合には、西洋のバイアグラのような薬と違って、即効性がありませんから、EDの治療に漢方を利用する場合には、即効性を求めずに、精神的にリラックスさせながら地道にEDの治療をするといいと思います。漢方薬でEDの治療をする場合には、漢方薬だけに頼ってしまうのではなくて、漢方薬も飲みつつバイアグラなどのED治療薬を使っていくのもいいかもしれません。漢方薬でED治療を使用と思っている人は信頼のできる漢方薬のお店で購入するようにしましょう。輸入品や出所があまりわからないような漢方薬のEDの薬を使用すると危険な場合があります〜信頼できる漢方薬のお店で処方された漢方を利用するようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ